メシマコブなんでも研究所 HOME » 大調査!メシマコブに関するレポート » 抗がん剤の副作用軽減・癌転移抑制

抗がん剤の副作用軽減・癌転移抑制

こちらでは、メシマコブの抗がん剤の副作用・転移を抑制する効果について、解説しています。

メシマコブはガンの転移や再発を防ぎます

メシマコブメシマコブに含まれるPL2という成分には、ガンを抑制する働きがあります。そして、それに加えて、抗がん剤治療の副作用を抑える効果もあるともいわれています。

抗がん剤は、作用の仕方によって、いくつかの種類に分類されています。

そもそも抗がん剤治療とは、細胞の増殖をブロックする「抗がん剤」を用いた方法で、ガン細胞が増えるのを抑制したり、そのほかガン細胞の成長を遅らせたり、転移や再発を防ぐための治療です。

化学物質を用いてガンの増殖を抑えて、ガン細胞を破壊する治療「化学療法」のほかにも、ガン細胞だけが持つ特徴を分子レベルでとらえ、それを標的にした薬を用いて行う「分子標的治療」、胎内のホルモンを調整して、ガン細胞がふえるのを抑える「ホルモン療法」があります。

なかでも化学療法は、ふえてしまう細胞に対して治療効果を与える方法のため、ガン細胞だけでなく、皮ふや骨ずい、毛根の細胞など、細胞が分裂したり増殖することで機能している組織や器官にも影響を及ぼします。これが、副作用です。

抗がん剤の副作用も取り除きます

現在のガン治療における抗がん剤の副作用は、人によって感じ方も、起こる障害がさまざまです。

おもな副作用には、吐き気や嘔吐、疲れやすさ、食欲不振、下痢、口内炎、脱毛、手足のしびれ、膀胱炎などがありますが、ガンに端を発する体の不調も大変辛いものですが、こういった副作用も生活していくうえではつらい症状です。

メシマコブは、こういった抗がん剤治療によるつらい副作用を軽減してくれると言われています。

メシマコブの抗がん作用の研究は、まだ歴史が浅いため、すべてのガンにどのくらいの効果があるのかは十分にはわかっていません。

しかし、最近の臨床研究で、胃ガンや膵臓ガン、肺ガンへの効果がわかっています。

また、その他のガンについても、現在、臨床研究が始められており、いずれも治療効果があるといわれています。

抗がん剤との併用が可能であることも特長

一般的に、抗がん剤と他のモノを併用すると、相互作用によって抗がん剤の効果が弱くなってしまったり、逆に強くなりすぎて体へ負担をかけてしまうといわれています。

しかし、メシマコブの場合には、こういった相互作用が一切ありません。

そのため、抗がん剤を使った治療中でも、併用して服用することができます。この点は、メシマコブの大きなメリットといえるでしょう。

ガンを抑える効果があり、さらに抗がん剤の副作用も軽減するため、がん患者にとってメシマコブは有効なのです。


メシマコブに関する人気の関連記事

ページの先頭へ