メシマコブなんでも研究所 HOME » 大調査!メシマコブに関するレポート » 【大発見!】メシマコブ研究で脚光を浴びている「HKSY-PL2」について

【大発見!】メシマコブ研究で脚光を浴びている「HKSY-PL2」について

こちらのページでは、ガンへの高い効果が期待されている成分「HKSY-PL2」の基本情報やガンに効く理由について解説しています。

韓国政府と韓国新薬が発見した「HKSY-PL2」

HKSY-PL2を発見!韓国政府と韓国新薬という韓国有数の漢方製薬会社がタッグを組んで行った研究によると、メシマコブから発見された菌糸体であるHKSY PL-2(Phellinus linteus Yoo)という成分から、ガンを抑制する効果や転移を抑える効果、抗がん剤の副作用を軽減する高い効果などが発見されました。韓国では、医薬品として認可され、広く大学病院などでも使われています。

韓国新薬ホームページの説明では、ガンの治療に最も効果的な菌糸体としてHKSY-PL2を挙げていて、韓国新薬はこの菌糸体を固有所持し「メシマ(Mesima)」という名称で製造することに。

さらに、韓国新薬はこの菌株を人工的に大量培養する確立した技術を使い、韓国の国をあげたプロジェクトとして、ガンへの高い効果が得られる「HKSY-PL2」を含むメシマコブを使った医薬品の開発が進みました。

この医薬品は大学病院をはじめとした医療機関でガン治療として使用され、多くのドクターに注目されています。その活躍が公的機関に認められ、優れた製品に送られる科学技術賞、国内で最も優れた技術であることを証明する製造産業技術賞ノーベル賞と同等の賞を受賞しました。

韓国新薬と韓国の政府によってメシマコブ(HKSY-PL2)を使用したメシマコブの医薬品が開発されたことにより、研究が断念されていたメシマコブが再び日本でも脚光を浴びています。
こういった長年にわたる研究結果の証から、「HKSY-PL2」のガンへの高い効果が期待できます。

今後のメシマコブと癌に関する研究は、ますます注目を浴びることになるでしょう。


メシマコブに関する人気の関連記事

ページの先頭へ