メシマコブなんでも研究所 HOME » 大調査!メシマコブに関するレポート » 韓国新薬とメシマコブ

韓国新薬とメシマコブ

こちらのページでは、韓国でのメシマコブの研究について解説しています。

最初の研究は日本だった!しかし…

メシマコブ1968年の日本で、メシマコブの抗ガン作用に関するデータを、世界で一番最初に発表したのは、なんと日本の国立がんセンターの研究グループでした。

1960年代は、アメリカを始めとしてガン撲滅のための有用な食品や材料を探索する動きが世界中で広がり、様々な研究が盛んに行われていたのですが、もともと日本は、キノコの種類が豊富な国で、約2,000種ものキノコがあったため、キノコが持つ抗ガン物質に関する研究にも力を入れていたのです。

そして、数あるキノコの中でも、圧倒的な腫瘍阻止率を示すとしてスポットライトを浴びたのが、メシマコブでした。

国立ガンセンターの研究グループは、ガン細胞のひとつであるサルコーマ180を皮下移植したマウスに、さまざまなキノコの熱水抽出エキスを与え、ガン細胞の増殖がどのぐらい抑制できるかを調査しました。その結果、メシマコブを含む十数種の担子菌類から有効な結果が発見されたのだそうです。
これらの有効な担子菌類の中でも、腫瘍阻止率を比較してみると、シイタケは80.7%、カワラタケは77.5%といった数値であるのに対して、メシマコブの腫瘍阻止率は96.7%%と、はるかに高い数値を示していました。

しかし、メシマコブは自然界にはほとんど生息しておらず、原料としての栽培に20~30年もかかってしまうという理由から、日本での研究は中断されてしまいました。
その後、日本ではシイタケやカワラタケ、スエヒロタケから開発された抗がん剤が認可され、メシマコブに光が当たることはなくなっていきました。

韓国で研究を続けられてきたメシマコブ

そんな日本の状況とは違い、中国や韓国では、古くから、メシマコブは研究対象として注目されていました。

中国の後漢時代の学術書「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」にも記され、さらには中国の随筆「酉陽雑俎(ゆうようざっそ)」や明代の学術書「本草綱目(ほんぞうこうもく)」などでもメシマコブが紹介されており、古くから知られていました。

中国の後漢といえば、1800年以上も昔。その頃から、注目されてきたのです。

長年の研究で、活性の高い菌株を発見!

日本では中断してしまったメシマコブの研究ですが、韓国では、1984年に韓国科学技術省の主導で、大学、研究所、そして製薬会社の産学官共同国家プロジェクトとして研究がスタートしました。なかでも、製薬会社である韓国新薬は、韓国生命工学研究院と共同研究を行いました。

そして、10年ほどの年月をかけた結果、韓国工学研究院の兪益東(ユウ・イックトン)博士が、活性の高いメシマコブの菌株を特定し、その抽出に成功しました。

この研究成果は、その後のメシマコブの研究を飛躍的に前進させることになるのです。

韓国政府の認可を受けた韓国新薬の製品

その後、韓国新薬は、兪益東(ユウ・イックトン)博士が抽出した特定の菌株を人工的に、大量培養する技術の確立を目指します。

人工培養ができるようになれば、メシマコブを採取してくる必要がなくなり、安定的に供給できるようになるからです。

1992年から行われたメシマコブの大量培養の研究は、すぐに身を結び、1993年には、菌糸体から抽出したエキスを使用したメシマコブの成分の製剤化に成功。

そして、韓国厚生省から認可を受けて、製造・販売が開始されました。

韓国新薬は、この研究成果のおかげで、世界で20以上の特許を取得しています。

そして、韓国新薬は、今でも漢方系の製薬会社として、韓国国内ではトップクラスの会社として知られています。

メシマコブ研究所とはめしま博士のつぶやき 研究しつづける大変さ

最初に日本でのメシマコブの研究が衰退してしまったという説明があるように、研究を続けるのはなかなか難しいことなのじゃ…。

もし韓国の政府が国家プロジェクトとして、メシマコブの研究を進めていなければ、製品になるまでもっと時間がかかったかも知れぬ。
あるいは日本と同じように断念してメシマコブの製剤化というのはなかったかも知れんな。(もちろんメシマコブ以外の研究でも、研究が上手くいかずに中止してしまうのは珍しくないのじゃ。)

ここまで研究が続いたからこそ、メシマコブもっと人に良い影響が与えられるような発見や開発が進められるように、今後の研究にも期待したいのう。

めしま博士


メシマコブに関する人気の関連記事

ページの先頭へ