メシマコブなんでも研究所 HOME » さまざまなトラブルからチェックする メシマコブの効果・効能集 » その他のトラブル

その他のトラブル

腹水がたまる原因は免疫力の低下?メシマコブの腹水への効果について調査しました。

腹水にならない・悪化させない体づくり

腹水腹水とは腹腔内に大量の液体が溜まった状態を言います。腹水は健康な人でもあり、少量であれば症状はありません。

しかし病気などにより大量に水がたまるとお腹が膨張して息苦しく、食欲不振になります。腹水の原因で最も多いのはアルコール依存症による肝硬変です。血液中の水分量を調整するアルブミンの合成機能が低下し、水分が外に漏れやすくなります。進行して門脈圧亢進を起こすとさらに水が溜まりやすくなり、重篤な状態になります。また、癌が進行すると腹水が溜まりやすくなります。癌が腹膜にまで広がると腹膜の濾過性が高まり、細胞質に含まれる液などが流れ出づからです。そのほか膵炎、感染性腹膜炎、内分泌性疾患なども腹水の原因となります。

どのような原因でも腹水になりやすい人は、不規則な生活の人、ストレスが多い人、喫煙者、食生活が乱れている人が多いと言われています。
自分自身の普段の過ごし方をリストアップして可視化し、どんなところに原因がありそうかをチェックしましょう。その中から少しでも改善していけるものを始めていきましょう。

とはいっても、しみついた生活習慣をすぐに変えるというのは難しいものですよね。そのため、腹水を予防・軽減させる、より効果的な方法として、健康的な食生活はもちろん、ストレスを減らして免疫力を高めることを忘れてはいけません。免疫力を高めるメシマコブも腹水の治療をしっかりサポートしてくれます。メシマコブは実験により、腹水がんを持っているマウス寿命を延長させることが確認されています。

癌性腹膜炎による腹水と聞くとネガティブな印象がありますが、免疫力を高めることで癌と共存する可能性も見えてきます。実際に癌性の腹水で余命数か月と宣告された人が、免疫力を高める健康食品で何年も元気に過ごしているケースは少なくありません。


メシマコブに関する人気の関連記事

ページの先頭へ